予備費の必要性

工事費用は手持ち予算のギリギリ一杯で組まないことが賢明です。

工事を施工業者に発注し、工事が進行して室内が徐々に綺麗になりますと、たいていの場合、工事範囲以外の部分が古く、汚れて見えるようになります。
また従来に予想外の施工がされていた場合に追加工事が発生してします場合もあります。

その様なときのために工事予算に予備費を計上しておくことをお薦めします。
できれば工事発注費にさらに10~20%の予備費が用意されていると安心です。

比較的安価(数万円)でも手垢や油汚れによる変色した壁紙の張替やドアノブや電気のスイッチ盤等の交換、木製枠回りの塗装等の工事は可能です。細部が新品になると古めかしさが払拭され本当に新築のような印象に変わります。

工事は間を空け2度に分けて実施すると割高になりますので、計画的に同種の工事は1度で済ませるほうが一般的にはかえって得になります。

Copyright:(C) 2006 ukplan inc. All Rights Reserved.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧