購入物件の特徴把握とリフォーム工事の時期

リフォーム工事の前に購入物件の特徴を詳細に把握しておく必要があります。
当然、見積・施工業者も現地は確認しその上で計画や見積りを提出しますし居住者との打合せで充分なヒアリングも実施すると思います。
充分に建物の特色を知るのには実際に居住し、そこで四季を感じ、過ごしてみないとわからない部分もあります。
実際に居住者が長所短所を把握しないままにリフォーム工事が実施し完了させ使用し始めた際に問題点が現れて気づくという事もあります。

工事の時期は入居前に済ませるケースと入居後に実施するケースがあります。

工事を入居前に済ませるケースは物件探しから契約、引越しまでに充分な時間を下見に掛けることが出来た場合や建物内外のほとんど全て手をつけて造り直してしまう様な大掛かり工事や単純に設備機器の交換をする工事、表面の塗装や壁紙等の仕上げ部分の化粧直しだけにとどめて施工する場合に向きます。
入居前に工事を済ませる場合のメリットは入居時の賃貸物件の引越し同様の労力で済み引越し後1週間程度で通常の生活が可能になります。

入居後にリフォーム工事を実施する場合は物件探しから契約、引越しまでに充分な時間を
下見に掛けることが出来なかった場合やリフォーム工事の構想が固まっていない場合に向きます。
入居後に工事を実施する場合のメリットは物件の特色を充分に把握できる点にあります。
また工事中も終始作業状況を観察することも可能ですので計画の修正にも即座に対応することが可能です。

Copyright:(C) 2006 ukplan inc. All Rights Reserved.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧