不動産業者(売主)との折衝

希望にそう物件が見つかりましたら購入申込をし資金計画等の打合せをし、その後に具体的な金額等の交渉にはいります。

先の項で述べましたように総予算内に全てを収めなくてはなりませんので取引価格を少しでも下げてもらえるのであればそれにこしたことはありません。
購入金額の大小により間接的に掛かる費用全てに影響してきます。
物件を安価で購入できれば不動産仲介手数料の額や各種の税額も下がり、ローン借入額も下がり金利負担も減少します。
仮に100万円の値引きに応じてもらえれば仲介手数料は3万円下がります。
一般的に業者は法で定められた不動産取引の仲介手数率(額)の最大のものをうたっていますが当然それ以下であっても良いものですから引き下げ交渉の余地はあります。

数千万円という数字のやりとりをしていますと数万円は微々たるものに感じてしまうようにマヒしてきますが、購入後のリフォーム工事の契約金額は一般的に数百万円台のやりとりになります。
金額の単位にマヒしないように冷静に交渉することが先での予算に余裕を生むことにつながります。

最後に引越し、入居後に予想外のことが大なり小なり発見されるます。
たとえばリフォーム工事中に床を壊した際、床下から前の居住者が行なったリフォーム工事の残材が出てきたり、屋根裏に家電製品のダンボール箱やネズミ捕りが置いてあったという例もあります。
このようなケースは事前のチェックが困難ですが生活に不要なものは処分をしてもらうように事前のチェックが必要です。最近では粗大ゴミや廃材の処分には手間や費用が掛かります。無駄な出費は極力避けたいものです。

ただし専任媒介の業者の場合は売主からの信頼や期待も大きいと考えられます。売主が実際の価値以上の希望を出していれば媒介業者も意見はするはずです。
しかしながらこの場合はどちらかといえば売主側の立場に比重を置いているのが一般的だと思います。
成約が最大の目的ですが、売主の希望条件に合えばという程度のさほど売り急いでいない場合は売り主の意に添わない額での取引は困難であり。値引きも大きくは期待できません。
売買価格は最終的に需給の関係によって双方の都合で決まるものですから自家用車等の購入と違い最初から一般的な値引額を計算に入れておくことはおすすめできません。
もしも値引きがかなえば幸いという気持ちで予算組みをしておくべきでしょう。

Copyright:(C) 2006 ukplan inc. All Rights Reserved.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧