情報収集と不動産業者への依頼

ここでは不動産情報誌に掲載されているような一般的物件探しの方法は割愛させていただき特に中古物件探しに際しての留意点を記載します。

情報収集の方法で一番有効なのはなんといってもインターネットの活用です。情報誌は実際の動きとタイムラグがあります。最初から不動産業者をまわるのも時間がかかります。物件探しをされる前にはあらかじめエリアや価格、敷地面積、建築面積、築年数などの条件を絞っています。

インターネットはまさに数十件の不動産業者を1時間で回ってくるのと同等の成果が得られるのではないでしょうか。各不動産会社のホームページでの検索も可能ですが、それらの情報のほとんど全てが載ったサイトを利用するのが良いでしょう。様々な不動産情報サイトを定期的に繰り返しみていますと良く名前のでてくる業者やそのエリアの標準価格帯や求める別件の多少、予算に当てはまる物件の傾向がわかってきます。さらに中古住宅以外の物件を検索してみると業者の力をいれているものが建売や分譲地が主体だったりもします。

興味のある物件の詳細情報はその業者の開設しているホームページ上にさらに詳しく、写真などを載せている場合があります。
前序の総合不動産サイトには同一物件が複数の業者の名前で出てきます。
そのどの業者も売主と一般媒介契約を結んでいるという場合もありますが、いずれか1社が専任媒介契約を締結している場合はその業者に問い合わせるのが先の話はスムースに運びます。

業者選びではやはり誠実な業者を選ばなくてはなりません。
中にはオトリの情報を出して(実在していたのかもしれませんが)そのままアップしたままにしている業者もいます。いくら興味ある物件であっても健全でない業者が扱っているものでなけれの手付金や契約金の支払い済ませても無事不動産登記が済むまで安心はできないでしょう。

一度会社に電話を入れて見ると会社の対応の良し悪しで推測できます。
大手の業者の場合は多数の営業員がいますが営業員の良し悪しも物件探しでは後々大きく影響してきます。

Copyright:(C) 2006 ukplan inc. All Rights Reserved.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧