住宅様式の絞込み

住宅探しの前にまず自分のこだわる(目指す)暮らしぶりのイメージを固めておきます。
マイホームを手に入れたら自分の趣味の空間が欲しいと思う方。
家族みんなの集まるリビングをできるだけ広くくつろげる空間にしたいと思う方。
料理つくりは複数でできる広さとレイアウトにしたいと思う方。
寝室は基本的にベッドにしたいと思う方。
インテリアには憧れのメーカーのソファセットを絶対におきたと思う方。
皆さん今の生活の中でこれがこう変わればいいのにという部分があるからこそ新しい住宅を探し始めるのだと思います。

もちろん部屋や家、庭の広さがもう少しあればというような規模的な問題は重要な条件の一つですが中古住宅を購入した際に発生するリフォーム工事を前提に話を進めますと、建物の建築様式。庭や外構の様式。その周辺地区の環境(雰囲気)等が自分のイメージするものに当てはまるかということを考えておかなくてはなりません。

新築住宅のようにゼロから自由に設計し、つくり上げる物と異なりはリフォーム工事では最小限の解体工事で活かせるものは残し新しくつくる物は最小限にし無駄なコストを省くことが最大の課題です。予算が潤沢にある場合は別ですが、トータルで注文住宅より高くつくような予算は考えていない方が一般的ではないでしょうか。
そのためなるべく自分のイメージするものとかけ離れたものは避けた方が安全です。
特に和風、洋風の違いは外装や内装の柱壁には工事完成後にどうしても細部に違和感が残ってしまうものもあります。

Copyright:(C) 2006 ukplan inc. All Rights Reserved.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧