建設業界の悪習がリフォーム業界にも(見積作成者の責任負担)

リフォーム工事の見積書は誰がどのように作成しているのか。施主に見積書を提出するのは工事の元請負人です。ですから、元請負人の責任において当然不測の事態により発生した部分の作業も元請負人の予算の中から支出し施工、完成させるのは当然です。

しかし表面上は何事もなく無事に完成したように思われる工事も実際は見積書の作成者に
責任を負わせるというケースが殆どです。その最終的な作成者は確かに元請負人の社内の誰かです。

問題はそのベースとなる見積書の作成者は社内の者ではないということです。
では誰なのかというとたいていの場合は各協力会社です。

すると前項のケースではこうなります。元請負人は協力会社に見積書の項目の漏れ、調査不足、作成ミスという理由で協力会社の費用負担で作業をさせるという事になります。

直接依頼を受けた元請の担当者が自ら全ての内容を把握し作成する場合は問題ありませんが協力会社(下請)の見積書に自社の利益分を上乗せして作り直しているだけとう場合が殆どです。

小規模工事で内容が画一的で推奨するものがはっきりしている業者は自社で決められたマニュアルや単価表が存在しますのでそれ参照し項目に当てはめていけば作成できるというところもあります。
そのような理由から施主に対し工事の詳細や材料の特性などを理解しやすく説明できる営業マンはそう多くはいないと思います。

Copyright:(C) 2006 ukplan inc. All Rights Reserved.

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧