景観法が施行されました

景観法が2004年に施行され、日本の各地の自治体で景観計画が策定されています。

高度経済成長以降に建設された建築物や工作物はコストや機能を最優先し、つくられたものが非常に多く周辺との関係性も配慮されないもの目立ちました。

都市計画法や建築基準法は日本中をほぼ同一の基準によりスケールやスペックを規制するものでした。景観法はそれを補うべく見た目の調和(形態、色彩、意匠〉を優先し、各自治体が独自の基準を設けることを可能にしました。

また市民側からの提案も可能であるため、まちの特色を創出できるものと期待されています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事一覧