IKEA

書棚を探しに”IKEA 港北”に出かけました。 スェーデンのインテリアショップで日本ではまだ関東に2店舗の...

景色・景観, 色彩

色彩講師の現状

色彩の活用されている産業分野は「ファッション」、「サイン・ビジュアル」、「工業製品」、「建設・都市計画」系と広範囲にわたります。 ...

色彩

最近の色彩業界は女性社会

色彩業界はカラーコーディネーター、講座運営者や講師、受講生、老若を問わず女性がほとんどです。 そのポジションと年齢の関係は一般社会...

色彩

色彩資格取得の先(その1)

色彩検定1級を取得した方がその先どのような道に進んで行くのでしょうか。 ひとつの例として実務経験を積まずに色彩講師を目指す方がいま...

色彩

AFT色彩検定の問の解説・・

以前、本ブログに掲載致しました、 今年の夏3級試験環境色彩の問題について 考え方の解説を必要な方がいらっしゃいましたら メールでお...

色彩

20年前の色彩講座

少し古い話になりますが、私が学習を始めた当時は検定はありませんでした。 検定がつくられる以前の色彩講座はどのようなものであったのか...

色彩

通学での色彩検定受験

検定受験向け対策講座が各所で盛ん催されるようになりました。 ほとんどの教室が、延べ20~30時間の学習を数回に分けて実施されていま...

色彩

資格取得後のおかしな現象①

数年前まで、ある環境色彩の改善活動のボランティア団体に参加していました。 その中の分科会で積極的に活動をされていたのは30~50歳...

色彩

環境色彩の問です

住宅と工場が混在する下図のような地域で、工場の外壁のベースカラーを考える上で、一般的に好感度を高めることにつながる色 は①~④のい...

色彩

LEXUS ブランドイメージ

一昨日のTV東京12chの番組「WBS」で高級車市場でのトヨタ・LEXUSの販売実績が目標に対して大幅に下回っているという内容の放...

色彩

学習を実践に活せるか

社会人で初学の方が仕事に活かしたいと考え検定の学習で始めた場合、前回で述べたような学習をした場合、その目的は達成されるでしょうか。...

色彩

色彩の検定取得とその後の実力

検定制度ができ公式テキストがあり、過去問題集がれば色彩学習をここから始める方がかなりの割合でいるでしょう。 検定合格を目的とするな...

色彩

資格の位置付け

「資格」とひと括りに呼びますが、国家資格と検定はその目的に大きな差異があります。 『国家資格』は国民の生活の安全に関わる事業に携わ...

色彩

色彩資格の意義

検定試験の出題は全て公式テキストから出題されますが、それぞれ主催する団体により、着眼点と構成・量に多少の違いががあります。 たとえ...

色彩

色のニ大検定の特色を比較

【共通】 ・1・2・3級があり2・3夏期・冬期実施、1級は冬期試験のみ実施 ・受験資格は特になし。 ・基本的にマークシート方式。 ...

色彩

検定以前の色彩学習環境

昨今は、様々な団体により色彩の検定試験が盛んに催され 世間にも幅広く認知されるようになりました。 私が色彩に興味を抱き始めた頃(昭...

色彩

色彩の資格

色の活用範囲は幅広く、殆どの産業で関わりがあるといえます。 販売戦略等における重要性も認知されています。 そしてこのような背景から...

色彩

色彩学習 はじめに・・

色は生活の中のあらゆるモノの上に施され、そして影響を及ぼしています。 人が情報を得たりイメージを感じるとき、五感のうち視覚からくる...

色彩